If you had one shot, one opportunity,
to cease every rush you ever wanted,
would you capture it? or let it slip?
初心者用チーム戦講座I 2009年11月09日


チームゲームの進行上押さえて置いた方がよいことを羅列して行きます
内戦に積極的に参加する際にも非常に役に立つ項目を押さえてあります

初心者用チーム戦講座Uはこちらから

@ゲームは始まったら、文明とマップの確認をしましょう。
(自分の文明、味方の文明、敵チームの文明構成を把握しましょう。マップによってはおのずとチーム戦略が決まってきます。)

Aチーム戦と兵科担当確認をしましょう。
(チームがどういう戦略で望むのか、ラッシュなのか受けて内政稼ぐのか、誰かが即3してカウンターを狙うのか、などをまず確認しましょう。そして、戦略戦術上、自分はどの兵科を担当すべきなのかを確認して、どういうデッキやカード順をしていくのかイメージをしていきます。)

B担当した兵科をまずは全力で出そう
(下士官のメンバーでよく見かけるのが、時代2へ上がってすぐに兵が中々出てこなくて、いわゆる即死をしてしまうケースです。大尉くらいになると、多少兵出しを削って内政に回すというような感覚も出てくるのですが、まだ手数や操作量少なめな下士官の人は全力で進化して全力で担当兵科を生産(カード軍含めて)していくといいでしょう。即死を繰り返してしまっても中々楽しめないでしょうから。)

CFB(前線基地)の位置を確認しよう。
(大抵チーム戦ではFBの位置を味方で一塊に配置します。その方が攻めるも守るも常に連携しやすいためです。基本的には歩兵役担当が決めることが多いですが、わからなければ早めに「FBどこにする?」と聞いてしまいましょう。上官が混ざっていれば指定してもらえることが多いです。)

D1人だけ軍を動かしてしまうのは避けよう。
(基本的にチーム戦は味方軍との連携をして戦闘が成立していきます。敵が自分のTCへ馬で荒らしに来たからといって、1人だけ自分の軍全軍を戻してしまうようなことがないようにしましょう。FBをあわせた意味が半減してしまいますね。チームでは2v3の局面や1v3の局面は「意図的なら別ですが」大抵即死を意味します。それぞれがアンチ関係を補完すべく兵科を担当しているのが常なので、1兵科抜けた状態で戦闘をするというのがそれほどしんどいということなのです。攻めるときも、守るときも、まずは常に味方と一緒に動くこと、これを心がけましょう。)

Eフレアを使おう&ミニマップを注視しよう。
(FBの指定、荒らしが来たときの知らせ、攻める地点や撤退地点、など多くがフレアにて行われます。フレアは音も出ますし、ミニマップに波紋状のマークが点灯します。これを見過ごすとチームとしての意思の疎通がうまく行かずに味方との連携が大きく乱れてしまいます。フレアを見逃してしまったら、すぐにチャットなどで確認しなおしましょう。「フレアどこ?」「もう一度よろ」などで味方に知らせるといいでしょう。自分の内政地が荒らされてるとフレアをしてもらっても、気が付かずに一生懸命戦ってたら、農民がごっそり居なくなってもう兵が出せない・・・なんてことが起きてしまいますので、気をつけましょう。)

F担当兵科がスムーズに数を出せるように序盤の練習をしておこう。
(上記Bと多少関連するところですが、自分が担当する兵科が、時代2へ進化直後にスムーズにより多くの兵数を揃えられるようにしましょう。敵側がラッシュをしてきて、自分の担当兵科がまだ出ていなかったりすると、味方が即死ということになってしまいます。つまりそこでゲームが終わってしまうので、チーム戦を楽しむ前に投了ということが増えてしまいます。ラッシュではなくても、まずは担当兵科をきっちり量産できる練習をしておくといいでしょう。コンピューター相手に内政配分やカード順、6分で兵を何体揃えられるか、7分半で量産できているか、などを確認するといいでしょう。尉官の人でも、使い慣れない文明だったから兵でなかったー、なんて発言をたまに耳にしますが、それだとチーム戦を楽しむところまで行けませんし、味方への負担やストレスも多くなってしまうので、担当兵科を充分に出せるように練習しておくことをおススメしておきます。これはh2hにも必ず役に立つので、やっておいて損はないでしょう。)

<ちょっと応用編>
@1人だけ兵が減ってしまうことを避けよう/1人だけ兵が残るのも避けよう
(つまり、自分だけ死んでしまっても、自分だけ生き残っても、チーム戦においては非常に危険な状態である、ということです。自分死は即味方への多大な負担となります。担当している兵科がいない状態になってしまうので、アンチをカバーできなくなるからです。そしてしばらく2v3の状態を余儀なくされてしまうからです。逆に自分だけ兵を大事にしすぎて生き残っても、未来がありません。1v3の状態では何もできずにそのままズルズルと負けてしまうでしょう。つまり、味方のどの兵科も極度に減ることがないように軍用をするということです。味方を盾に引きすぎてしても駄目ですし、味方を援護しようと勢い余って自分だけ突撃していって軍を失ってしまうことがないようにしましょう。)

A担当兵科の役割を強く意識しよう。
(自分が担当した兵科に対するアンチ・非アンチの兵が敵側にも必ずと言っていいほどいます。例えば、マスケ系の兵科を担当したとしましょう。敵側の軽歩(スカミや弓系)は意識的に自分のマスケを狙ってきます。また、敵側の近接重馬(ハサーやウーランなど)は味方の軽歩を殴りに来ます。相手軽歩に撃たれるからといって、全く前に出ないと味方の軽歩を相手馬から守れませんし、守ろうと意気込んで前に出すぎると敵軽歩にドンドン撃たれてしまいます。↑の@にある状態にならないように、馬が着たら前に出て、馬が下がったらまた軽歩の後ろへ、などなるべく自軍の操作を心がけてみましょう。)

B歩兵役から慣れていこう(馬役担当はハードルが高いのです)。
(馬はその性能上や役割上、相当量の操作と手数を必要とします。少しでも止まっている時間があるとその時点で空気になってしまうという兵科です。和心チーム馬役の心得の基本事項がある程度できるようになってから担当するようにしていくことをおススメします。歩兵の場合、多少の兵消耗は押し引きの中で建て直しがしやすいですが、馬の場合、一度のミスで消耗してしまったりすると、あっという間に荒らしに対応できなくなって、前線も内政もボロボロという現象が起きてしまいます。特に敵側の馬役の担当が階級の高い人である場合に、馬役をやりたい場合は注意が必要です。マスケ役をする場合の講座はこの記事を参考にするといいかもしれません。)

とりあえず、以上です。
また気が付いたら追記していきます。
何か質問・意見等あればコメントして下さい。


posted by クラン和心 at 05:10 | Comment(0) | 初心者さんへの手引き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。